腕の毛は濃度を変えるだけで目立たなくさせられる

14-2

腕の毛を目立たなくさせるなら濃度を変えてみる?

腕やすねの毛というと、メンズ脱毛機を自分で使ってみても、意外とやりにくかったりするものです。
それに、脱毛機である以上、抜いてしまうことになるため、かなりまばらになってしまうことも出てきます。
そこで、物理的に薄くすることも考えてみなければいけないでしょう。

梳きばさみで密度に変化を

本数が少なくなれば、基本として薄く見えるようになります。
ただし、うまく密度を変えていかなければいけません。
そこで出てくるのが、専用のはさみを使う方法です。
梳きばさみを使って間引くことができれば、その分だけ密度を落とすことができるでしょう。
ある一定量にすることができる便利な方法で、男性のムダ毛処理専用のものも出てきています。
こうしたはさみを使えば、確かに密度は下げることができますが、後から伸びてくることも確かです。
見た目上の密度を薄くするのであれば、手っ取り早い方法といえるでしょう。

バリカンで切りそろえてみる

梳きばさみなど使うのは面倒という人もいるはずです。
そんな時には、一度短くしてみるというのも方法になるでしょう。
ですが、はさみで切りそろえるというのは、かなりバラバラになってしまいます。
そこで、バリカンを使って長さを決めて剃るというのも選択肢になるでしょう。

バリカンも専用のものが出ていますし、一回で広範囲に切りそろえることができます。
多少は薄くなったように見せられますし、カミソリで剃るように肌にダメージを与えたりすることはありません。
ただし、もともとムダ毛が太い人は、逆にいがぐりのように見えてしまいます。
そこまで濃くはないんだけど、なんだか腕の毛が気になるという人に良いでしょう。
ほとんどの人のすね毛には向きません。

毛抜きやピンセットは絶対ダメ

密度を変えるということでは、抜いてしまうというのが効果的になるわけですが、やってはいけないのが毛抜きやピンセットです。
一本ずつ抜くことはできますが、まず時間がかかるでしょう。
さらにきれいに抜ければいいものの、途中で切れてしまうかもしれません。
これが埋没毛ということを引き起こします。
肌の中に埋もれてしまうようなもので、これが肌の中で炎症を引き起こすのです。
非常に危険な状態となりますので、毛抜きやピンセットは控えましょう。

密度を変えるということは、意外と問題があることがわかります。
脱毛サロンで光脱毛を使ったりすれば、ゆっくりでも薄くなることを考えると、これらはあまり効果がある方法とは言えないかもしれません。