ムダ毛を目立たないようにする意味

14-3

ムダ毛の色を目立たないようにするのは効果的か

ムダ毛を薄くするといっても、なかなかうまくいかないものです。
いろいろな方法にチャレンジしてみるも、そこまで大きな効果を表すものは少ないでしょう。
もうひとつの考え方として、目立つから濃く見えるということで考えてみると、他の方法が出てきました。

色を薄くしてしまえば目立たない?

腕やすねのムダ毛を見てみると、肌の色よりも黒いから目立っている気がしませんか。
黒い毛だから目立つのであって、薄い色ならどうなんだろうということです。
男性の腕を見ると、多かれ少なかれムダ毛はあります。
ところが、目立たない人は毛が細く、薄い色だということに気がつくでしょう。
真っ黒の太い毛だからこそ目立つのです。
なら薄くしてしまえばいいということになるでしょう。

ムダ毛専用のブリーチなど

毛の色を変えるということは、そんなに難しいことではありません。
髪の毛の色を変えるのと、何ら変わりはないわけです。
脱色してしまえば薄くなるでしょう。
でも、髪の毛のブリーチとかを使っていいものかと悩むはずです。

そこで、ムダ毛専用のブリーチや染料も販売されています。
こうしたブリーチや染料なら、肌の負担が考えられていますので、脱色したり染色したりしても、そこまで肌に負担はかかりません。
色を変えてみるとわかりますが、金色にしてしまうと結構目立ちます。
そこまでいかないようにコントロールすることが大切です。
うまく調節できれば、ほとんどわからないようにすることもできます。

プリンになっちゃうかも

脱色や染色してしまう方法は、確かに効果的です。
しかし、肌の弱い人には、どちらも大きな負担となるでしょう。
染色してしまうと、肌に色がついてしまうことだって出てきます。

最大の問題は、伸びた時にあるでしょう。
髪の毛を染めた時と同じですが、伸びてきた毛は黒いままです。
そうなると、はっきりと2トンカラーになるかもしれません。
こうなると、逆に目立つようになるため、何度も繰り返していくことになるでしょう。
当然のことですが、肌に優しい染料やブリーチであっても、だんだんダメージが蓄積して行きます。
そのうち、ご老人の肌のようにしわしわになってしまう可能性が出てくるのです。
このリスクはかなり大きなものである以上、この方法は大きな欠点を抱えてしまっているといえるでしょう。

色を薄くするといっても、一過性にすぎません。
一度海に出かけるなどで試すのは効果的ですが、継続的に行うとするのであれば、そこまで効果を感じることはできない方法なのです。