14-3

ムダ毛を目立たないようにする意味

14-3

ムダ毛の色を目立たないようにするのは効果的か

ムダ毛を薄くするといっても、なかなかうまくいかないものです。
いろいろな方法にチャレンジしてみるも、そこまで大きな効果を表すものは少ないでしょう。
もうひとつの考え方として、目立つから濃く見えるということで考えてみると、他の方法が出てきました。

色を薄くしてしまえば目立たない?

腕やすねのムダ毛を見てみると、肌の色よりも黒いから目立っている気がしませんか。
黒い毛だから目立つのであって、薄い色ならどうなんだろうということです。
男性の腕を見ると、多かれ少なかれムダ毛はあります。
ところが、目立たない人は毛が細く、薄い色だということに気がつくでしょう。
真っ黒の太い毛だからこそ目立つのです。
なら薄くしてしまえばいいということになるでしょう。

ムダ毛専用のブリーチなど

毛の色を変えるということは、そんなに難しいことではありません。
髪の毛の色を変えるのと、何ら変わりはないわけです。
脱色してしまえば薄くなるでしょう。
でも、髪の毛のブリーチとかを使っていいものかと悩むはずです。

そこで、ムダ毛専用のブリーチや染料も販売されています。
こうしたブリーチや染料なら、肌の負担が考えられていますので、脱色したり染色したりしても、そこまで肌に負担はかかりません。
色を変えてみるとわかりますが、金色にしてしまうと結構目立ちます。
そこまでいかないようにコントロールすることが大切です。
うまく調節できれば、ほとんどわからないようにすることもできます。

プリンになっちゃうかも

脱色や染色してしまう方法は、確かに効果的です。
しかし、肌の弱い人には、どちらも大きな負担となるでしょう。
染色してしまうと、肌に色がついてしまうことだって出てきます。

最大の問題は、伸びた時にあるでしょう。
髪の毛を染めた時と同じですが、伸びてきた毛は黒いままです。
そうなると、はっきりと2トンカラーになるかもしれません。
こうなると、逆に目立つようになるため、何度も繰り返していくことになるでしょう。
当然のことですが、肌に優しい染料やブリーチであっても、だんだんダメージが蓄積して行きます。
そのうち、ご老人の肌のようにしわしわになってしまう可能性が出てくるのです。
このリスクはかなり大きなものである以上、この方法は大きな欠点を抱えてしまっているといえるでしょう。

色を薄くするといっても、一過性にすぎません。
一度海に出かけるなどで試すのは効果的ですが、継続的に行うとするのであれば、そこまで効果を感じることはできない方法なのです。

14-2

腕の毛は濃度を変えるだけで目立たなくさせられる

14-2

腕の毛を目立たなくさせるなら濃度を変えてみる?

腕やすねの毛というと、メンズ脱毛機を自分で使ってみても、意外とやりにくかったりするものです。
それに、脱毛機である以上、抜いてしまうことになるため、かなりまばらになってしまうことも出てきます。
そこで、物理的に薄くすることも考えてみなければいけないでしょう。

梳きばさみで密度に変化を

本数が少なくなれば、基本として薄く見えるようになります。
ただし、うまく密度を変えていかなければいけません。
そこで出てくるのが、専用のはさみを使う方法です。
梳きばさみを使って間引くことができれば、その分だけ密度を落とすことができるでしょう。
ある一定量にすることができる便利な方法で、男性のムダ毛処理専用のものも出てきています。
こうしたはさみを使えば、確かに密度は下げることができますが、後から伸びてくることも確かです。
見た目上の密度を薄くするのであれば、手っ取り早い方法といえるでしょう。

バリカンで切りそろえてみる

梳きばさみなど使うのは面倒という人もいるはずです。
そんな時には、一度短くしてみるというのも方法になるでしょう。
ですが、はさみで切りそろえるというのは、かなりバラバラになってしまいます。
そこで、バリカンを使って長さを決めて剃るというのも選択肢になるでしょう。

バリカンも専用のものが出ていますし、一回で広範囲に切りそろえることができます。
多少は薄くなったように見せられますし、カミソリで剃るように肌にダメージを与えたりすることはありません。
ただし、もともとムダ毛が太い人は、逆にいがぐりのように見えてしまいます。
そこまで濃くはないんだけど、なんだか腕の毛が気になるという人に良いでしょう。
ほとんどの人のすね毛には向きません。

毛抜きやピンセットは絶対ダメ

密度を変えるということでは、抜いてしまうというのが効果的になるわけですが、やってはいけないのが毛抜きやピンセットです。
一本ずつ抜くことはできますが、まず時間がかかるでしょう。
さらにきれいに抜ければいいものの、途中で切れてしまうかもしれません。
これが埋没毛ということを引き起こします。
肌の中に埋もれてしまうようなもので、これが肌の中で炎症を引き起こすのです。
非常に危険な状態となりますので、毛抜きやピンセットは控えましょう。

密度を変えるということは、意外と問題があることがわかります。
脱毛サロンで光脱毛を使ったりすれば、ゆっくりでも薄くなることを考えると、これらはあまり効果がある方法とは言えないかもしれません。

14-1

気になるムダ毛を薄くする方法

14-1

やっぱり気になる腕や足のムダ毛を薄くする

夏になると毎年思うのが、腕と足を脱毛しておけばよかったなということでしょう。
半袖にするだけでも、毛が濃い自分にげっそりします。
だからといって、長袖もきていられないでしょう。
毎年考えるのですが、どうやったらすね毛も薄くできるのだろうかということです。

腕や足の毛を何とか薄くできないか

腕のムダ毛などを脱毛するというのは、最近では珍しくなくなりました。
脱毛サロンにいったりすれば、だれでも簡単に脱毛できます。
ですが、男として、何も生えていないのもどうなんだと思うでしょう。
女性から見ても、自分より生えていない男、それも剃っているのではなく生えないとしたら、ちょっと引くことは間違いありません。
そうなると、何とか薄くすることができないだろうかと考えるのです。

抑毛ローションを使ってみる方法

ムダ毛を薄くするとなれば、いくつかの方法が考えられます。
その中でも、時間があるのであれば、抑毛ローションと呼ばれるものがあります。
発毛を抑制することができるもので、塗っておくだけで発毛自体を抑える効果があるのです。
とても便利なものなのですが、問題は効果が出るまで2カ月近くかかることもあります。
つまり、即効性がありません。
そうなると、夏にできれば薄くしたいといっても間に合わないため、かなり計画的にやっていかなければいけないでしょう。
実際に考えてみると、なかなかうまくいかないものです。

メンズ用脱毛機を使って自分で減らす

薄くするということでは、いっそ本数を減らすというのが選択肢になるでしょう。
脱毛機を使って減らしてみるというのも一つの選択です。
最近では、男性用脱毛機も販売されるようになってきているので、これを使えば薄くなることも出てきます。
もちろん永久脱毛とはいかず、かなり生えてくることにはなりますが、毛根の力を弱めることにより薄くすることができるようになって行くでしょう。
ただし問題は、かなりの費用が掛かってくるのと、手間が大きいことです。
自分でやっていかなければいけないので、場所によってはとてもやりにくくなってしまいます。
それなりに時間を掛けて行っていかなければいけないので、暇を見つけてやらなければいけません。
それでも、薄くなるとは限らないという問題も抱えます。
脱毛サロンで行うような施術ほど安定しないため、思っているほど調節が効かない可能性があるでしょう。
自分がプロのような腕前なら構いませんが、そんな人ならまず悩みません。

男性のすね毛や腕の毛などは、なかなか大きな問題を抱えているものなのです。
薄くするということも、かなり難しい問題ですので、いろいろと方法を考えていかなければいけないでしょう。